コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝶形弁 ちょうがたべんbutterfly(flap) valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蝶形弁
ちょうがたべん
butterfly(flap) valve

バタフライ弁ともいう。管路内で流体流量圧力を調節する弁。流れに直角の軸に中央部を止めた円板が,軸のまわりを回転して,通路の面積を絞って,通過する流体量を加減するようになっている。低圧の水,空気,蒸気,ガスなどの流量,圧力の調節に利用され,重量が軽く,構造が簡単なため広く使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうがた‐べん〔テフがた‐〕【×蝶形弁】

管路内に設けられた円板状の弁。回転することによって管路の流量を調節し、圧力を下げるのに用いる。絞り弁バタフライバルブ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蝶形弁【ちょうがたべん】

バタフライ弁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうがたべん【蝶形弁】

円板をその中心を通る軸の周囲で傾斜させて管路を開閉する弁。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android