コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹江義丸 かにえよしまる

2件 の用語解説(蟹江義丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟹江義丸
かにえよしまる

[生]明治5(1872)
[没]1904
明治の哲学者。井上哲次郎門下生で,東洋倫理の研究家。 1897年東京帝国大学哲学科卒業。のち東京専門学校東京高等師範学校などで教鞭をとるかたわら翻訳にも従事。主著『孔子研究』 (1904) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蟹江義丸 かにえ-よしまる

1872-1904 明治時代の哲学者。
明治5年3月生まれ。真宗大(現大谷大)講師をへて明治32年高等師範講師,翌年教授となる。東洋思想の研究,とくに孔子の研究で知られた。明治37年6月19日死去。33歳。富山県出身。東京帝大卒。著作に「孔子研究」「西洋哲学史」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

蟹江義丸の関連キーワード池上鎌三フォイエルバッハ植田清次太田可夫沢瀉久敬勝部謙造川合貞一須田豊太郎速水敬二山元一郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone