蟹江義丸(読み)かにえよしまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟹江義丸
かにえよしまる

[生]明治5(1872)
[没]1904
明治の哲学者井上哲次郎門下生で,東洋倫理の研究家。 1897年東京帝国大学哲学科卒業。のち東京専門学校,東京高等師範学校などで教鞭をとるかたわら翻訳にも従事。主著孔子研究』 (1904) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蟹江義丸 かにえ-よしまる

1872-1904 明治時代の哲学者。
明治5年3月生まれ。真宗大(現大谷大)講師をへて明治32年高等師範講師,翌年教授となる。東洋思想の研究,とくに孔子の研究で知られた。明治37年6月19日死去。33歳。富山県出身。東京帝大卒。著作に「孔子研究」「西洋哲学史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android