コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹江義丸 かにえよしまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟹江義丸
かにえよしまる

[生]明治5(1872)
[没]1904
明治の哲学者井上哲次郎門下生で,東洋倫理の研究家。 1897年東京帝国大学哲学科卒業。のち東京専門学校,東京高等師範学校などで教鞭をとるかたわら翻訳にも従事。主著孔子研究』 (1904) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蟹江義丸 かにえ-よしまる

1872-1904 明治時代の哲学者。
明治5年3月生まれ。真宗大(現大谷大)講師をへて明治32年高等師範講師,翌年教授となる。東洋思想の研究,とくに孔子の研究で知られた。明治37年6月19日死去。33歳。富山県出身。東京帝大卒。著作に「孔子研究」「西洋哲学史」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蟹江義丸の関連キーワード明治時代