コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血色素尿症 けっしきそにょうしょう hemoglobinuria

1件 の用語解説(血色素尿症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっしきそにょうしょう【血色素尿症 hemoglobinuria】

尿にヘモグロビン(血色素)が混じっている状態。血管内で赤血球の破壊(溶血)があって血中にヘモグロビンが遊離し,これが腎臓の糸球体を通過して尿中に出てくるものである。尿に赤血球が混じっている状態を〈血尿〉というが,これと血色素尿とは異なる。血色素尿では尿の色が茶~黒褐色を呈することが多い。溶血性貧血のうち発作性夜間血色素尿症発作性寒冷血色素尿症寒冷凝集素病グルコース‐6‐リン酸脱水素酵素欠乏症,赤血球破砕症候群,あるいはマラリア敗血症などの病気のときに見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血色素尿症の関連キーワード血色素メトヘモグロビンヘモグロビンA1cオキシヘモグロビン一酸化炭素ヘモグロビングリコヘモグロビン色素固定メトヘモグロビン血還元ヘモグロビン (deoxyhemoglobin)酸化ヘモグロビン (oxyhemoglobulin)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血色素尿症の関連情報