衆合地獄(読み)シュゴウジゴク

デジタル大辞泉の解説

しゅごう‐じごく〔シユガフヂゴク〕【衆合地獄】

八大地獄の第三。殺生偸盗(ちゅうとう)・邪淫を犯した者の落ちる所。牛頭(ごず)馬頭(めず)に追い立てられて罪人が山に入ると、山や大石両側から迫って押しつぶされるなどのを受けるという。石割り地獄。

しゅうごう‐じごく〔シユウガフヂゴク〕【衆合地獄】

しゅごうじごく(衆合地獄)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅごう‐じごく シュガフヂゴク【衆合地獄】

〘名〙 仏語。八大地獄の第三。殺生、偸盗、邪淫を犯したものの落ちるところ。鉄山におしつぶされたり、落ちてくる大石につぶされたり、臼の中でつかれたりする苦を受け、また、一六の別所(小地獄)で、さまざまな苦しみを受けるという。衆合。
※往生要集(984‐985)大文一「衆合地獄者、在黒縄下

しゅうごう‐じごく シュウガフヂゴク【衆合地獄】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の衆合地獄の言及

【地獄】より

…死後赴くべき他界の一つ。冥界,冥府,陰府(よみ)などともいい,英語のhell,ドイツ語のHölle,フランス語のenfer,イタリア語のinfernoなどに相当する。一般に,墓地の情景や死体の腐乱過程との連想から生みだされたものだが,超常的な観念や表象によって作りだされた場合もある。〈地獄〉の語はもとサンスクリットに由来し,のちに仏教とともに中国に輸入されると,泰山府君の冥界観と結びついて十王思想を生みだし,さらに日本に伝えられると,記紀神話に描かれる黄泉国(よみのくに)や根の国の考え方と接触融合して独自の地獄思想を生みだした。…

※「衆合地獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる