コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行乞 ギョウコツ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐こつ〔ギヤウ‐〕【行乞】

十二頭陀(ずだ)の一。僧侶が乞食(こつじき)をして歩くこと。托鉢(たくはつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうこつ【行乞】

〘仏〙 十二頭陀行ずだぎようの一。僧侶が乞食こつじきを行うこと。托鉢たくはつ。行鉢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の行乞の言及

【托鉢】より

…サンスクリットのパインダパーティカpaiṇḍapātikaの訳で,行乞(ぎようこつ),乞食(こつじき)などとも訳される。インドでは婆羅門(ばらもん)教などに鉢をもって在家に食を乞(こ)うことが行われたが,仏教もその風習をとり入れ,出家した僧は,厳密に定められた種々の規律に従って行乞を行い,生活の手段とした。…

※「行乞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

行乞の関連キーワード種田 山頭火種田山頭火遊行

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行乞の関連情報