コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行人塚 ギョウニンヅカ

デジタル大辞泉の解説

ぎょうにん‐づか〔ギヤウニン‐〕【行人塚】

行者が生きたまま埋葬され、即身成仏したと伝えられる東日本に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうにんづか【行人塚】

行人塚は供養塚に属するものと行者・修験者の自埋入定(にゆうじよう)を伝える塚とに大別でき,供養塚でありながらも後に入定伝説が付着したものもある。入定伝説をもつ塚は行人塚のほか,入定塚,山伏塚,法印塚,念仏塚などとも呼ばれ,関東地方を中心として東日本に多く分布している。入定した後の数日間は読経,念仏,鉦をたたく音が聞こえたとも伝えられる。入定の例としては,湯殿山の一世行人と称される修験の入定がよく知られており,現在即身仏としてまつられている本明海上人の場合は,一千日の十穀断ちなどの木食行をした後に61歳で入定したと伝えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうにんづか【行人塚】

山伏などの行者が入定して往生したと伝えられている塚。東日本に多い。
出羽三山の信者たちが参拝記念に作る供養塚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行人塚の関連キーワード和田岡古墳群出羽三山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android