行履(読み)あんり

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐り【行履】

〘名〙 (「あん」は「行」の唐宋音) 仏語。日常の一切の行為。行住坐臥のすべて。日常生活。禅宗者の動作一般、身を処することをも指し、サ変動詞としても用いられる。
※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「大聖の行履、はるかに凡境を出離せる」
※仮名草子・七人比丘尼(1635)下「こよひの如く、泣きしみあひ給ふ事は、出家のあんりとすべきや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android