コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行慶 ぎょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行慶 ぎょうけい

1101-1165 平安時代後期の僧。
康和3年生まれ。白河天皇の皇子。母は源政長の娘。大僧正行尊に天台をまなぶ。保延(ほうえん)元年摂津四天王寺(大阪府)の別当。権(ごんの)僧正となり,仁平(にんぴょう)2年近衛(このえ)天皇の護持僧。同年近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)長吏。永万元年7月16日死去。65歳。通称は桜井僧正,狛僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行慶の関連キーワード道恵法親王経政

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android