コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政機能 ぎょうせいきのう

1件 の用語解説(行政機能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政機能
ぎょうせいきのう

立法,司法に対する意味で用いられることもあるが,通常は政府活動が社会に生み出す効果を意味する。その活動の範囲や程度は政府によって異なり,19世紀の自由主義国家では非常に狭い範囲にとどまっていた。現代では先進国,発展途上国のいかんを問わず,その範囲は経済,社会福祉,教育など社会生活のほとんどすべての側面にまで及んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行政機能の関連情報