行者そば(読み)ぎょうじゃそば

デジタル大辞泉プラスの解説

行者そば

長野県、伊那地方で作られるそば。名称は、修験道の開祖、役小角(えんのおづぬ)が、西駒ケ岳の麓に位置する萱地区の住民に与えたそばの実から、当地でのそばの栽培が始まったとの伝承に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android