コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行表 ぎょうひょう

2件 の用語解説(行表の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行表 ぎょうひょう

724-797 奈良時代の僧。
神亀(じんき)元年生まれ。大和(奈良県)の人。道璿(どうせん)について出家し,大和興福寺で受戒。律,禅,法相(ほっそう),華厳(けごん)などをまなび,近江(おうみ)(滋賀県)崇福寺(すうふくじ)寺主となり,のち近江大国師に任じられる。宝亀(ほうき)9年最澄の出家の師をつとめた。延暦(えんりゃく)16年2月死去。74歳。俗姓は檜前(ひのくま)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行表
ぎょうひょう
(722―797)

奈良時代の三論宗の僧。大安寺の学僧。大和(やまと)(奈良県)の葛城上(かつらぎのかみ)郡高宮に生まれ、741年(天平13)勅により唐僧の道(どうせん)について得度(とくど)、師より興福寺北倉院で受戒した。律、禅、法相(ほっそう)、華厳(けごん)などを学び、近江(おうみ)国(滋賀県)崇福寺(すうふくじ)寺主となり、のち近江国師、伝燈(でんとう)大法師位に任ぜられた。日本天台宗開祖の最澄(さいちょう)は近江国分寺で行表により出家し、禅の血脈(けちみゃく)の師となすが、道、行表の天台学の素養が立宗に強い影響を与えたものと考えられる。行表は晩年、道が751年(天平勝宝3)退居した大和の比蘇山寺(ひそさんじ)に隠棲(いんせい)、修禅の生活を送った。[塩入良道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行表の関連キーワード通観金蓮小鯛王小治田広耳稽主勲佐伯児屋麻呂泰演(1)藤原長娥子御立呉明三宅麻佐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行表の関連情報