コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行表 ぎょうひょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行表 ぎょうひょう

724-797 奈良時代の僧。
神亀(じんき)元年生まれ。大和(奈良県)の人。道璿(どうせん)について出家し,大和興福寺で受戒。律,禅,法相(ほっそう),華厳(けごん)などをまなび,近江(おうみ)(滋賀県)崇福寺(すうふくじ)寺主となり,のち近江大国師に任じられる。宝亀(ほうき)9年最澄の出家の師をつとめた。延暦(えんりゃく)16年2月死去。74歳。俗姓は檜前(ひのくま)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行表
ぎょうひょう
(724―797)

奈良時代の三論宗の僧。大安寺の学僧。大和(やまと)(奈良県)の葛城上(かつらぎのかみ)郡高宮に生まれ、741年(天平13)勅により唐僧の道(どうせん)について得度(とくど)、師より興福寺北倉院で受戒した。律、禅、法相(ほっそう)、華厳(けごん)などを学び、近江(おうみ)国(滋賀県)崇福寺(すうふくじ)寺主となり、のち近江国師、伝燈(でんとう)大法師位に任ぜられた。日本天台宗開祖の最澄(さいちょう)は近江国分寺で行表により出家し、禅の血脈(けちみゃく)の師となすが、道、行表の天台学の素養が立宗に強い影響を与えたものと考えられる。行表は晩年、道が751年(天平勝宝3)退居した大和の比蘇山寺(ひそさんじ)に隠棲(いんせい)、修禅の生活を送った。[塩入良道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

行表の関連キーワードコロガシ [ stage monitor speaker]/三角<PA/ステージ用語>カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)ハンセン(Peter Andreas Hansen)ブラウン(Ernest William Brown)アーネスト・ウィリアム ブラウンOffice Hours天文学史(年表)フラムスティードSyllabusキューシート月(衛星)ニューカムポイルバハ高柳重信クレローラランドハンセンルベリエ三室戸寺奈良時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行表の関連情報