コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衒示的消費 げんじてきしょうひ

大辞林 第三版の解説

げんじてきしょうひ【衒示的消費】

自分が財産家であることを誇示するために行われる消費。誇示的消費。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんじてきしょうひ【衒示的消費 conspicuous consumption】

〈目立つための消費〉という意味であり,誇示的消費とも訳す。その最も単純な場合がostentatious consumption,つまり〈見せびらかすための消費〉である。たとえば,きわめて高価な商品を社会的威信をうるために消費するような現象がそれにあたる。T.ベブレン《有閑階級の理論》(1899)でこうした種類の消費を論じたことにちなみ,〈ベブレン効果Veblen effect〉ともよばれる。ベブレンによれば,上層階級は生活維持のための労働を免れており,政治,軍事,宗教,スポーツあるいは学問などの活動にもっぱら従事する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の衒示的消費の言及

【ベブレン】より

…ベブレンの主張のうちで最も重要なものは本能instinctと制度institutionの二元論である。たとえば,製作者本能workmanshipという正価値をもった本能が,衒示(げんじ)的消費conspicuous consumptionという負価値をもった制度と対比させられるのである。彼にとって文明の制度は,未開状態にみられたはずの人間の善なる性質を堕落させるという意味で,野蛮なものであった。…

※「衒示的消費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報