術士(読み)ジュツシ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅつ‐し【術士】

〘名〙
① 方術に通じた人。方技の士。方士。
※河海抄(1362頃)一五「方士は術士の惣名也」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「後世妖僧術士(ジュツシ)の徒、深く俗情を洞察し」 〔漢書‐夏侯勝伝〕
② 巧みにはかりごとをめぐらす人。策士
※談義本・風流志道軒伝(1763)叙「而戦国術士。豈為山人之乎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android