(読み)ジュツ

デジタル大辞泉の解説

じゅつ【術】

人が身につける特別の技。技術。「剣の
手段。方法。てだて。すべ。「もはや施すもなし」
策略。計略。はかりごと。たくらみ。「をめぐらす」
人知をこえた不思議なわざ。忍術・魔術・妖術など。「透視の」「奇怪なをつかう」

じゅつ【術】[漢字項目]

[音]ジュツ(慣) [訓]すべ わざ
学習漢字]5年
方法。手段。すべ。「術策術数仁術戦術秘術
わざ。技芸。「学術奇術技術芸術剣術算術手術忍術馬術美術魔術話術
[名のり]てだて・みち・やす・やすし

すべ【術】

目的を遂げるための手段方法。てだて。「施すも知らない」「なすがない」

ばけ【術】

《「化け」と同語源》てだて。すべ。みち。方法。
「百姓(おほみたから)を寛(ゆたかに)する―あらば」〈天武紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅつ【術】

わざ。技能。 「 -の優劣をあらそう」 「身をまもる-」 「蘇生-」
不思議なわざ。妖術。魔術。 「 -にかかる」 「火遁かとんの-」

すべ【術】

手段。方法。 「なす-を知らない」 「もはや施す-がない」

ばけ【術】

〔「ばけ(化)」と同源。「はけ」とも〕
てだて。はかりごと。 「必ず善き-有らむ/日本書紀 神代下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

術の関連情報