コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュツ

デジタル大辞泉の解説

じゅつ【術】

人が身につける特別の技。技術。「剣の
手段。方法。てだて。すべ。「もはや施すもなし」
策略。計略。はかりごと。たくらみ。「をめぐらす」
人知をこえた不思議なわざ。忍術・魔術・妖術など。「透視の」「奇怪なをつかう」

じゅつ【術】[漢字項目]

[音]ジュツ(慣) [訓]すべ わざ
学習漢字]5年
方法。手段。すべ。「術策術数仁術戦術秘術
わざ。技芸。「学術奇術技術芸術剣術算術手術忍術馬術美術魔術話術
[名のり]てだて・みち・やす・やすし

すべ【術】

目的を遂げるための手段方法。てだて。「施すも知らない」「なすがない」

ばけ【術】

《「化け」と同語源》てだて。すべ。みち。方法。
「百姓(おほみたから)を寛(ゆたかに)する―あらば」〈天武紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅつ【術】

わざ。技能。 「 -の優劣をあらそう」 「身をまもる-」 「蘇生-」
不思議なわざ。妖術。魔術。 「 -にかかる」 「火遁かとんの-」

すべ【術】

手段。方法。 「なす-を知らない」 「もはや施す-がない」

ばけ【術】

〔「ばけ(化)」と同源。「はけ」とも〕
てだて。はかりごと。 「必ず善き-有らむ/日本書紀 神代下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

術の関連キーワード武芸十八般・武藝十八般捕手術(とってじゅつ)クインティリアヌスフォトグラフィー迷走神経切断術LPシャント術経皮的腎砕石術ナビゲーションVPシャント術シーマンシップ副甲状腺切除ズダルスキー美田村 顕教アルスマグナ子宮摘出術大腸切除術シャント術美容整形胃切除術河洛理数

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

術の関連情報