コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝角 しょうかく ram

翻訳|ram

2件 の用語解説(衝角の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝角
しょうかく
ram

軍船の武器の一種。城門などを突き破る木の棒を意味する言葉であるが,敵船を突き破って沈めるために,軍船の艦首の水線下につけたとがったもの。古代から中世まで,海上に用いられた軍船はガレー船であるが,それには船首の水線下に,堅木を青銅で包んで衝角とし,敵船を突くものがあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうかく【衝角】

敵船に衝突して穴をあけるために艦首の水線下に突出させた角状の物。明治末年までこの方式があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衝角の関連キーワード突き破る・突破る擘く説き破る・説破る引き破る・引破る江戸城門掻き破る突破る引破る引き破る耳を劈く

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衝角の関連情報