衝角(読み)しょうかく(英語表記)ram

翻訳|ram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝角
しょうかく
ram

軍船の武器の一種。城門などを突き破る木の棒を意味する言葉であるが,敵船を突き破って沈めるために,軍船艦首の水線下につけたとがったもの。古代から中世まで,海上に用いられた軍船はガレー船であるが,それには船首の水線下に,堅木を青銅で包んで衝角とし,敵船を突くものがあった。 19世紀以降の汽走艦の時代から 20世紀初頭の軍艦も艦首の水線下に衝角が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうかく【衝角】

敵船に衝突して穴をあけるために艦首の水線下に突出させた角状の物。明治末年までこの方式があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android