コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣川柵 ころもがわのさく

日本の城がわかる事典の解説

ころもがわのさく【衣川柵】

岩手県奥州市の衣川地区にあったと推定されている、平安時代後期の安倍氏の本拠。安倍氏は奥六(おくろく)郡(のちの陸中、今日の岩手県を中心とした一帯)を支配して勢力をふるった。奥州藤原氏の初代藤原清衡(ふじわらきよひら)の祖父にあたる安倍頼時(安倍忠良の子)はここを本拠とし、前九年の役で安倍貞任(あべのさだとう)が源義家に屈して撤退するまでの18年間安倍氏の政庁が置かれていた。その後、安倍氏に代わって奥六郡を支配した清原家の政庁や居館も、ここに置かれた。柵が設けられたのは清原氏による支配が始まったのちのことである。長者が原遺跡など、安倍氏ゆかりの遺構が点在している。ただし、現在は案内板があるだけで、遺構を見ることはできない。JR東北本線平泉駅からバス約10分で瀬原下車後、タクシー約10分。◇「ころもがわのき」ともいう。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の衣川柵の言及

【衣川】より

…安倍氏の反乱は〈衣川関を封ず〉ことに始まり,〈衣川関を出て諸郡官物を徴収〉して拡大(《陸奥話記》)した。衣川柵を破った源義家の〈衣のたてはほころびにけり〉の歌に,安倍貞任が〈年をへし糸の乱れの苦しさに〉と返したという(《古今著聞集》)。藤原清衡は衣川南岸部に平泉を開き,源義経は衣川館で最期を迎えた。…

【衣川[村]】より

…北部を北股川,南部を南股川が東流し,東部で合流して衣川となる。789年(延暦8)衣川柵が付近に設けられ,前九年の役,後三年の役の戦場となり,安倍・藤原両氏にまつわる史跡が残る。農業が主産業で,米作,畜産が行われ,近年はキュウリ,イチゴなどの栽培も盛ん。…

※「衣川柵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衣川柵の関連キーワード衣川〈村〉衣川[村]安倍貞任衣川館厨川柵

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android