コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍氏 あべうじ

2件 の用語解説(安倍氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安倍氏
あべうじ

陸奥出羽の安倍氏。本来は俘囚の子孫。平安時代後期,北上川流域に勢力をはり,前九年の役後三年の役で朝廷にそむいた。また,左大臣安倍朝臣倉橋麻呂から出たと伝える安倍氏があり,この一流は安倍晴明をはじめ,陰陽頭,陰陽博士天文博士などに任じられた天文陰陽両道の大家を多く輩出し,堂上家の一に列せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安倍氏
あべうじ

平安後期、東北地方北部に拠(よ)った俘囚(ふしゅう)豪族。古代蝦夷(えぞ)抵抗の伝統に連なりながら、前九年の役(1051~1062)を起こし、古代集権国家から中世地方国家分立への方向を切り開くうえで、画期的な役割を果たした。出自については、これを大彦命(おおひこのみこと)の子孫(阿倍氏、阿倍比羅夫(あべのひらふ)もその支族)とするよりも、神武(じんむ)東征に抗した長髄彦(ながすねひこ)の兄で、津軽に流された安日(あび)の子孫とする伝説を生かして、岩手県北安比(あっぴ)川などの地名に結び付けて考える説が、最近有力である。奥六郡(胆沢(いさわ)、江刺(えさし)、和賀(わが)、稗貫(ひえぬき)、斯波(しわ)、岩手)俘囚長の家柄を世襲して、鎮守府公権を事実上代行するようになっていた安倍頼時(よりとき)は、俘囚領国の独立を図って前九年の役を起こしたが、源頼義(みなもとのよりよし)に滅ぼされた。[高橋富雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安倍氏の言及

【前九年の役】より

…1056年(天喜4)から62年(康平5)まで,陸奥守兼鎮守府将軍源頼義と陸奥国の安倍氏の一族との間で戦われた戦乱。古くは源頼義が陸奥守になった1051年(永承6)から62年までの12年間を乱の期間と見て,奥州十二年合戦といわれていた。…

【天文道】より

…これを天文密奏という。平安時代中期以降,天文道は陰陽道とともに安倍氏(土御門家)の世襲となり,明治維新に至った。明治政府は旧式の天文道に代わり近代的な西洋天文学を採用した。…

【名田荘】より

…その間徳禅寺の年貢収取は困難となり,戦国後期にはほとんど消滅した。なお,南北朝期ごろから上村の領家職を伝領したと思われる京都の陰陽家安倍氏が,この地に陰陽道関係の信仰を伝え,とくに戦国期に京都の戦火を避けて有宣・有春父子が荘内に居住したこともあって,その影響は長く後代に残ることになった。【須磨 千穎】。…

※「安倍氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安倍氏の関連キーワード秋田氏後三年の役前九年の役俘囚の乱陸奥出羽按察使陸奥話記永承安倍季政土御門家(安倍氏)俘囚の長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安倍氏の関連情報