被服廠(読み)ひふくしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被服廠
ひふくしょう

旧日本陸軍部隊に支給する被服品の調達、分配、製造、貯蔵を担当した工場と、これを統括した機関の総称。1890年(明治23)3月に制定公布された陸軍被服条例により東京に本廠が設置された。前身は、陸海軍二省が設置された際の陸軍省会計局の貯蔵係で、これに被服諸品の保管出納を担当させた。貯蔵係はのちに被服課と改称され、さらに陸軍省会計局長に直属して独立の官衙(かんが)となった。1902年(明治35)から陸軍大臣に直属することになった。[纐纈 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被服廠の関連情報