コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石町 あかしちょう

2件 の用語解説(明石町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明石町
あかしちょう

東京都中央区南部の地区。地名は,江戸時代,播州明石の漁師が移住した地であることに由来する。また,明石ノ浦に似ていることにもよるといわれる。聖路加病院がある。築地の東側を占め,明治初年の外国人居留地跡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明石町
あかしちょう

東京都中央区南部、隅田(すみだ)川下流の右岸にある一地区。地名の由来は、江戸時代、播磨(はりま)国(兵庫県)明石の漁夫が移住したためとも、この地が明石の浦の風景に似ていたことから名づけたともいう。低湿な沖積地にあり、東京メトロ日比谷(ひびや)線築地(つきじ)駅、有楽町(ゆうらくちょう)線新富(しんとみ)町駅に近い。明治初期には外人居留地が置かれ、西欧文明の玄関口となった。聖路加(せいろか)病院もその名残(なごり)の一つで、杉田玄白(げんぱく)らが『解体新書』の翻訳をした所でもある。東隅から佃(つくだ)大橋が通じ、佃地区のある月島に至る。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石町の関連キーワード東京都中央区明石町東京都中央区入船東京都中央区勝どき東京都中央区新川東京都中央区新富東京都中央区佃東京都中央区八丁堀東京都中央区晴海東京都中央区湊東京都中央区八重洲

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明石町の関連情報