コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袾宏 しゅこう

2件 の用語解説(袾宏の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しゅこう
(1535―1612/15)

中国、明(みん)代を代表する高僧。雲棲(うんせい)宏ともいう。杭州(こうしゅう)の人。姓は沈(ちん)氏、字(あざな)は仏慧(ぶつえ)、号は蓮池(れんち)。若くして儒学を学んだが、27歳で父を、31歳で母を失い、翌年出家。諸方に参学し、1571年(隆慶5)杭州雲棲山の廃寺を再興して人々を教化したので、同寺は大叢林(だいそうりん)となった。儒仏道三教の調和を説き、華厳(けごん)、禅(ぜん)、浄土(じょうど)、戒律(かいりつ)の総合的仏教を唱え、また、仏教儀礼、放生池(ほうじょうち)、功過格(こうかかく)(行為の善悪を点数で計算し、善行を勧める)など各方面で活躍したので、私淑する僧俗は数えきれないほどであった。蓮宗(中国浄土教)第八祖とされる。万暦(ばんれき)43年(一説に40年)7月4日81歳で寂した。著書は多く、『阿弥陀経疏鈔(あみだきょうしょしょう)』『往生(おうじょう)集』『禅関策進(ぜんかんさくしん)』などが『雲棲法彙(ほうい)』34巻に集録されている。[柴田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袾宏
しゅこう
Zhu-hong; Chu-hung

[生]嘉靖14 (1535)
[没]万暦43 (1615)
中国,代の学僧。雲棲袾宏ともいう。姓は沈氏。仁和(浙江省杭州)の人。字は仏慧。号は蓮池大師,雲棲大師。三十余歳で出家し,ウータイ(五台)山をはじめ各地に法を求め,隆慶5(1571)年雲棲寺に帰り,僧俗の弟子 1000人余を集め,禅,浄,律に精通,特に禅浄同帰を説いた。その著『自知録』は儒仏道三教調和の思想を表している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone