補中益気湯(読み)ほちゅうえっきとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ほちゅうえっきとう【補中益気湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)白朮(びゃくじゅつ)黄耆(おうぎ)当帰(とうき)柴胡(さいこ)大棗(たいそう)陳皮(ちんぴ)生姜(しょうきょう)甘草(かんぞう)升麻(しょうま)などを含む。金(きん)代の医学書『内外傷弁惑論(ないがいしょうべんわくろん)』などに処方が示されている。虚弱体質、病後の体力低下、食欲不振、自律神経失調症低血圧などに用い、疲れやすい、動悸(どうき)寝汗、胃腸機能の衰えといった症状がともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質または体力の低下している人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる