コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴胡 サイコ

3件 の用語解説(柴胡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐こ【××胡】

ミシマサイコの根。漢方で解熱・鎮痛・健胃薬などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこ【柴胡】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セリ科ミシマサイコの根を乾燥したもの。以前静岡県の三島付近で産したのが名の由来。相当量のサポニンを含み、消炎解熱解毒鎮痛などの作用がある。神経痛肋膜(ろくまく)炎に効く柴胡桂枝湯(けいしとう)気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く神秘湯(しんぴとう)肝炎高血圧に効く大柴胡湯(だいさいことう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいこ【柴胡】

ミシマサイコまたはその変種の根を乾燥させた生薬。サポニンを含み、漢方で胸脇苦満を伴う諸疾患に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柴胡の言及

【ミシマサイコ】より

…今日でも野生品が採集されるが,だんだん少なくなり,各地で栽培されるようになった。根を柴胡(さいこ)とよび,解熱,鎮痛,解毒薬として用い,重要な薬用植物の一つである。本州,四国,九州,朝鮮に分布する。…

※「柴胡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柴胡の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴胡の関連情報