コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴胡 サイコ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこ【柴胡】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セリ科ミシマサイコの根を乾燥したもの。以前静岡県の三島付近で産したのが名の由来。相当量のサポニンを含み、消炎解熱解毒鎮痛などの作用がある。神経痛肋膜(ろくまく)炎に効く柴胡桂枝湯(けいしとう)気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く神秘湯(しんぴとう)肝炎高血圧に効く大柴胡湯(だいさいことう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいこ【柴胡】

ミシマサイコまたはその変種の根を乾燥させた生薬。サポニンを含み、漢方で胸脇苦満を伴う諸疾患に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柴胡 (サイコ)

植物。セリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ミシマサイコの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の柴胡の言及

【ミシマサイコ】より

…今日でも野生品が採集されるが,だんだん少なくなり,各地で栽培されるようになった。根を柴胡(さいこ)とよび,解熱,鎮痛,解毒薬として用い,重要な薬用植物の一つである。本州,四国,九州,朝鮮に分布する。…

※「柴胡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柴胡の関連キーワードホタルサイコ(蛍柴胡)スズサイコ(鈴柴胡)小柴胡湯加桔梗石膏柴胡加竜骨牡蠣湯抑肝散加陳皮半夏動脈硬化と漢方薬がんの漢方療法柴胡桂枝乾姜湯大柴胡湯去大黄薬用植物栽培加味帰脾湯加味逍遙散荊芥連翹湯滋陰至宝湯十味敗毒湯柴胡清肝湯竹筎温胆湯補中益気湯竜骨(薬)漢方医学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android