黄耆(読み)オウギ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ぎ〔ワウ‐〕【黄×耆】

中国産のマメ科の多年草キバナオウギ、またはその近縁の植物の根。漢方で止汗・利尿・強壮薬などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうぎ【黄耆】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科キバナオウギナイモウオウギなどの同属植物の根を乾燥したもの。利尿強壮血圧降下作用などがある。虚弱体質に効く黄耆建中(けんちゅう)湯風邪(かぜ)に効く桂枝加(けいしか)黄耆湯などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐ぎ ワウ‥【黄耆】

〘名〙 中国産のマメ科ゲンゲ属、およびイワオウギ属の多年草数種の地下茎から採る生薬の名称。健胃・強壮薬に用い、寝汗止め、下痢止めなどに効があるという。また、黄耆を採る植物数種の総称名としても用いる。〔異制庭訓往来(14C中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android