コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄耆 オウギ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ぎ〔ワウ‐〕【黄×耆】

中国産のマメ科の多年草キバナオウギ、またはその近縁の植物の根。漢方で止汗・利尿・強壮薬などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうぎ【黄耆】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科キバナオウギナイモウオウギなどの同属植物の根を乾燥したもの。利尿強壮血圧降下作用などがある。虚弱体質に効く黄耆建中(けんちゅう)湯風邪(かぜ)に効く桂枝加(けいしか)黄耆湯などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

黄耆の関連キーワード半夏白朮天麻湯桂枝加黄耆湯清暑益気湯清心蓮子飲十全大補湯人参養栄湯黄耆建中湯七物降下湯防已黄耆湯補中益気湯当帰飲子大防風湯当帰湯桂枝湯帰脾湯腹診膠飴防已

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android