コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄耆 オウギ

2件 の用語解説(黄耆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう‐ぎ〔ワウ‐〕【黄×耆】

中国産のマメ科の多年草キバナオウギ、またはその近縁の植物の根。漢方で止汗・利尿・強壮薬などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうぎ【黄耆】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科キバナオウギナイモウオウギなどの同属植物の根を乾燥したもの。利尿強壮血圧降下作用などがある。虚弱体質に効く黄耆建中(けんちゅう)湯風邪(かぜ)に効く桂枝加(けいしか)黄耆湯などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄耆の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄耆の関連情報