拙者(読み)せっしゃ

精選版 日本国語大辞典「拙者」の解説

せっ‐しゃ【拙者】

〘代名〙 自称。自分をけんそんしていう語。目上に対して多く武士が用いた。身。
※蕉堅藁(1403)和前韻答崇大岳「拙者八月廿六日、垂凉出遊」
浮世草子・好色一代女(1686)二「『拙者(セッシャ)は人持(もち)ませぬ』といふ者なし」
[語誌](1)「明応本節用集」に「拙者(セッシャ) 自卑下辞」とあるように謙譲の一人称代名詞として、主に武士によって使用された。
(2)近世前期上方語でも、使用者はほぼ武士に限られ、目上に対して用いる、高い待遇価値を有した語であったと考えられるが、近世後期江戸語では、目下に対して用いた例も見られるところから、待遇価値は近世前期に比べて低くなっていると考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「拙者」の解説

せっ‐しゃ【拙者】

[代]一人称の人代名詞。武士が多く用い、本来は自分をへりくだっていう語であるが、尊大な態度で用いることもある。
「―は他言致すまいが」〈浄・堀川波鼓
[類語]小生不肖愚生小弟手前自分わたくし・わたしおれわし我がはいあたくしあたしあたいあっしわらわあちき俺等おいらおら当方此方こちらこっちこちとら吾人ごじんてめえ・愚輩・身共それがし迂生うせい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android