コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ヨーロッパ連合 にしヨーロッパれんごう

百科事典マイペディアの解説

西ヨーロッパ連合【にしヨーロッパれんごう】

Wstern European Union,略称WEU。西欧連合,西欧同盟とも。1948年のブリュッセル条約によって,ベルギー,フランス,ルクセンブルク,オランダ,イギリスの5ヵ国が組織したブリュッセル条約機構を前身とする集団防衛組織。
→関連項目ヨーロッパ防衛共同体条約ワルシャワ条約機構

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしヨーロッパれんごう【西ヨーロッパ連合 Western European Union】

1954年10月に結成された西ヨーロッパの経済,社会,文化および軍事安全保障にまたがる政府間同盟組織。西欧同盟とも訳す。略称WEU。1948年のブリュッセル条約機構を修正拡大して成立した。加盟国は,ブリュッセル条約機構のときは,ベルギー,フランス,ルクセンブルク,オランダ,イギリスの5ヵ国であったが,これに新たに西ドイツとイタリアとが加わることとなった。その後89年にスペイン,ポルトガル,92年にギリシアが加盟した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西ヨーロッパ連合
にしよーろっぱれんごう
Western European Union

略称WEU。西欧同盟ともいう。イギリス、フランス、ベルギー、オランダおよびルクセンブルクによって1948年に設立された西ヨーロッパ五国同盟(ブリュッセル条約による)に、旧西ドイツとイタリアが加わって1954年に成立した地域的集団自衛機構(パリ協定による)。1947年以来東西の対立が厳しくなり、1949年にNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)が成立した。西側は東側への対抗上、西ドイツの再軍備を強く望んだ。もともと五国同盟はドイツによる侵略戦争の復活に備えるものであったが、フランスの対独警戒心は強く、西ドイツの再軍備を認めるかわりに、それに対する統制をねらって、超国家的な防衛共同体の創設を提唱したが失敗に帰した。そこで、それにかわるものとして、同同盟は条約の改正によって西ドイツとイタリアを加入させ、WEUに衣替えしたのである。その後、1990年にスペイン、ポルトガル、1995年にギリシアが加盟した。WEUは基本的人権および民主主義の諸原則の保持を目的としており、そのために経済的、社会的および文化的関係を強化し、集団的自衛を計り、ヨーロッパ統合の促進を掲げている。1993年11月に発効したヨーロッパ連合条約(マーストリヒト条約)では、同連合の防衛に関して、WEUとの連携を規定している。さらにEUをヨーロッパ全体の防衛の中心として機能させるために、加盟国以外に、準加盟国(ノルウェー、アイスランド、トルコなど6か国)、オブザーバー(オーストリア、デンマーク、フィンランドなど5か国)、および準パートナー(中・東欧7か国)の参加を認めたが、これらのうちアイスランド、ノルウェーおよびトルコを除く国々は、EUに加盟している。機関としては、加盟国の外相による理事会と総会がおかれた。
 1995年5月に発効した、EUの基本的枠組みを定めたアムステルダム条約の主な内容の一つは、ヨーロッパの一体性と独立を強化する共同防衛政策を枠組のなかに含む共通外交安全保障政策の遂行を確認したことである。これにより西ヨーロッパ連合の機能および能力はEUに移ることになった。さらに、2009年12月発効のリスボン条約で、EUの共通外交安全保障政策をより一層強化した。このように、EUがWEUの機能を肩代わりするようになったこともあり、イギリス、ドイツ等が西ヨーロッパ連合脱退を表明したことにより、2011年7月5日をもって同連合は解消されることとなった。[岡村 堯]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西ヨーロッパ連合の関連キーワードバーナード・L. モンゴメリーパリ協定(西ヨーロッパ連合)ラトル・ド・タシニーカタラウヌムの戦モントゴメリーモンゴメリーパリ条約

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android