コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西園寺公重 さいおんじ きんしげ

2件 の用語解説(西園寺公重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西園寺公重 さいおんじ-きんしげ

1317-1367 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
文保(ぶんぽ)元年生まれ。西園寺実衡(さねひら)の次男。嘉暦(かりゃく)3年従三位にすすむ。建武(けんむ)2年兄西園寺公宗(きんむね)の謀反計画を密告した功で西園寺家の家督をつぎ,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年内大臣となる。正二位。文和(ぶんな)2=正平8年南朝につかえ,太政大臣にのぼった。竹林院前内大臣とよばれた。貞治(じょうじ)6=正平22年9月3日死去。51歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西園寺公重

没年:貞治6/正平22.9.3(1367.9.27)
生年:文保1(1317)
鎌倉末・南北朝期の公卿。父は内大臣実衡。西園寺公宗の異母弟。元徳3/元弘1(1331)年参議,のち権中納言建武新政発足後の建武2(1335)年,兄公宗の謀反計画を密告した功績によって西園寺家の家督となり,貞和5/正平4(1349)年内大臣となる。公宗の子の実俊との間で家督の往き来があり,文和1/正平7(1352)年の南北朝一統に際して家督が公重のもとに安堵されるが,一統の破綻により南朝に祗候することとなり,有力公卿として太政大臣に昇った。和歌は『新葉和歌集』に遍照光院入道前太政大臣の名で入集している。<参考文献>井上宗雄『中世歌壇史の研究―南北朝期』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西園寺公重の関連キーワード花山院長親阿野実為今出川兼季花山院通定九条道教久我長通三条公忠中院通冬中御門宣明吉田宗房

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone