コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川伊三郎(3代) にしかわ いさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川伊三郎(3代) にしかわ-いさぶろう

1811-1872 江戸後期-明治時代の人形遣い。
文化8年生まれ。大坂から江戸にいき3代伊三郎をつぐ。のち西川家ゆかりの3代吉田冠二をつぎ,陸奥大掾(みちのくのだいじょう)を受領して江戸の結城(ゆうき)座で活躍した。明治5年1月5日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西川伊三郎(3代)

没年:明治5.1(1872)
生年:文化8(1811)
幕末の江戸の人形遣いの名手。本名不詳。大坂生まれ。2代目吉田冠蔵に入門して東九郎を名乗ったが,江戸に下り2代目西川伊三郎の養子分となって3代目を襲名,その後,西川家にゆかりある吉田冠二の3代目(一説に2代目)を継ぎ,さらに受領して陸奥大掾となった。若いころは女形で評判を得たが後に立役に転じ,結城,薩摩の両座に出演して名手の誉れが高かった。しかし資料に乏しく,改名の年月なども確定出来ず不明な点が少なくない。少年期の初代桐竹紋十郎を育てたことでも知られる。「寺子屋」のいろは送りの型を工夫したと伝える。<参考文献>『義太夫年表/近世篇』『増補浄瑠璃大系図』

(山田庄一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

西川伊三郎(3代)の関連キーワード吉田 才治(4代目)西川伊三郎(5代)桐竹紋十郎(初代)吉田冠二(2代)吉田冠二(3代)吉田才治(4代)吉田陸奥大掾明治時代車人形

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android