コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川吉輔 にしかわ よしすけ

美術人名辞典の解説

西川吉輔

幕末・維新期の国学者。幼名繁吉・吉介、通称善六、号は亀洲・蔵六・武乃舎・楮庵・槓亭等。近江の人。大国隆正・平田鉄胤門。専ら皇学を修め、同門の有志と共に勤王運動に参加し、文久3年京都等持院足利三代木像梟首事件に連座し捕らわれる。後許され、皇道拡張に尽力、生魂神社宮司・教導職中教正等を務めた。明治13年(1880)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川吉輔 にしかわ-よしすけ

1816-1880 江戸後期-明治時代の国学者。
文化13年7月2日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)八幡(はちまん)の豪商西川屋善六の7代。大国隆正にまなぶ。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件に連座して捕らえられた。維新後は日吉神社などの宮司をつとめた。明治13年5月19日死去。65歳。通称は善六。号は亀洲,百竹など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西川吉輔の関連キーワード伊庭 貞剛明治時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android