コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西禅寺 さいぜんじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

さいぜんじ【西禅寺】

中国の福建省省都、福州(フーチョウ)市の西郊外、怡山(いさん)の永欽里にあり、887年に建てられた、福州五大禅寺の一つ。当初は「長慶寺」と呼ばれた。戦乱により何度も破壊されたが、信者の寄付金によって再建された。中国最大の玉仏を安置した玉仏楼は必見で、報恩塔からは寺全体を見渡すことができる。寺院内のおもな建築物は、天王殿、大雄宝殿、羅漢閣、法殿など。寺院内には玉佛楼1棟が新設され、楼内にはミャンマーから運んできた大白玉佛2体が納められている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

西禅寺の関連キーワード吉川氏城館跡無著良縁聞渓良聡相山良永石庵旨明雪村友梅亀泉集証細入

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android