コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西野恵荘 にしの えしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西野恵荘 にしの-えしょう

1780-1850 江戸時代後期の僧。
安永9年2月生まれ。近江(おうみ)西野村(滋賀県高月町)の真宗大谷派充満寺住職。余呉(よご)川の氾濫(はんらん)から村をまもるため,山に長さ250mの排水用トンネルをほることを提案。5年間の工事により,弘化(こうか)2年完成。水道は近江青の洞門とよばれる。嘉永(かえい)3年11月死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西野恵荘の関連キーワード林六右衛門

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android