コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余呉 よご

3件 の用語解説(余呉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余呉
よご

滋賀県北部,長浜市北部の旧町域。1954年余呉村,丹生村,片岡村の 3村が合体して余呉村となり,1971年町制。2010年長浜市に編入。大部分が山地で,林業と米作が主。栃ノ木峠越えの北陸街道が通じ,峠付近の中河内は県内でも屈指の深雪地。坂口に菅山寺,南部に羽衣伝説と景勝地で知られる余呉湖がある。付近一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

余呉
よご

滋賀県最北部、伊香(いか)郡にあった旧町名(余呉町(ちょう))。現在は長浜市の北部を占める地域。1954年(昭和29)余呉、丹生(にう)、片岡の3村が合併し、1971年町制施行。2010年(平成22)東浅井(ひがしあざい)郡虎姫(とらひめ)町、湖北(こほく)町、伊香郡高月(たかつき)町、木之本(きのもと)町、西浅井(にしあざい)町とともに長浜市へ編入。JR北陸本線、国道365号(北国(ほっこく)街道)が通じる。旧地区の大部分が急峻(きゅうしゅん)な山地で占められ、平地は余呉川と高時(たかとき)川の河谷の狭小な谷底平野と南部に偏在するのみ。高時川の上流では丹生ダムの建設が進められている。冬季は積雪が多く、余呉高原スキー場などがある。農林業を主とするが、過疎化が著しい。源昌(げんしょう)寺の木造薬師如来(にょらい)立像、洞寿(とうじゅ)院の木造観音菩薩(かんのんぼさつ)立像、菅山寺の銅鐘は国指定重要文化財。丹生神社など式内社も多い。かつて陶器を神社に奉納したことに由来する丹生神社のちゃわん祭は県指定無形民俗文化財。余呉湖と賤(しず)ヶ岳は琵琶(びわ)湖国定公園域。[高橋誠一]
『『余呉町誌』全2冊(1988、1989・余呉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

余呉の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

余呉の関連情報