西館孤清(読み)にしだて こせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西館孤清 にしだて-こせい

1829-1892 幕末の武士。
文政12年2月1日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。世子津軽承祐の近侍,勘定奉行をつとめ,幕末は京都で活動。慶応4年新政府に対抗して奥羽越列藩同盟が成立すると,朝廷と近衛忠煕(このえ-ただひろ)らの書を持参して帰藩,藩論の勤王統一につとめた。明治25年9月15日死去。64歳。名は建久。通称は平馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android