コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西館孤清 にしだて こせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西館孤清 にしだて-こせい

1829-1892 幕末の武士。
文政12年2月1日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。世子津軽承祐の近侍,勘定奉行をつとめ,幕末は京都で活動。慶応4年新政府に対抗して奥羽越列藩同盟が成立すると,朝廷と近衛忠煕(このえ-ただひろ)らの書を持参して帰藩,藩論の勤王統一につとめた。明治25年9月15日死去。64歳。名は建久。通称は平馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西館孤清の関連キーワードピウス8世ユゴー岸沢式佐セントルイス・カージナルスマッケリーギリシャ独立戦争エンデオズーフ土岐貞範ブース

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android