コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西館孤清 にしだて こせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西館孤清 にしだて-こせい

1829-1892 幕末の武士。
文政12年2月1日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。世子津軽承祐の近侍,勘定奉行をつとめ,幕末は京都で活動。慶応4年新政府に対抗して奥羽越列藩同盟が成立すると,朝廷と近衛忠煕(このえ-ただひろ)らの書を持参して帰藩,藩論の勤王統一につとめた。明治25年9月15日死去。64歳。名は建久。通称は平馬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西館孤清の関連キーワード岸沢式佐鶴屋南北俚言集覧伊達宗城古言衣延弁伊達宗城紀行文学集古十種カルクアルカリ岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone