コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻生磯次 あそういそじ

3件 の用語解説(麻生磯次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻生磯次
あそういそじ

[生]1896.7.21. 千葉
[没]1979.9.9. 市川
国文学者。第一高等学校を経て,1920年東京大学国文科卒業。京城帝国大学教授,東京大学教授などを歴任。一高校長時代,東大教養学部への移行の責を果し,東大退官後,学習院大学院長に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻生磯次 あそう-いそじ

1896-1979 昭和時代の国文学者。
明治29年7月21日生まれ。六高教授,一高校長,東大教授,学習院院長などを歴任。専門は近世文学で,「江戸文学中国文学」はたかい評価をえている。昭和45年文化功労者。学士院会員。昭和54年9月9日死去。83歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作はほかに「滝沢馬琴」「芭蕉(ばしょう)物語」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻生磯次
あそういそじ
(1896―1979)

国文学者。千葉県睦岡(むつおか)村(現、山武(さんむ)市)生まれ。東京帝国大学文学部卒業。第六高等学校、京城大学、第一高等学校、東京大学、学習院大学教授、学習院院長を歴任。主著『江戸文学と中国文学』(1946)は理論構築と考証に優れ、ほかに『瀧沢(たきざわ)馬琴』(1943)、『対訳西鶴(さいかく)全集』(1974~1979・共著)などの著があり、芭蕉(ばしょう)など俳諧(はいかい)にも独自の見解を有した。文化功労者。[長谷川強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

麻生磯次の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]深刻小説津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone