コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酉陽雑俎 ゆうようざっそYou-yang za-zu

5件 の用語解説(酉陽雑俎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酉陽雑俎
ゆうようざっそ
You-yang za-zu

中国,晩唐の随筆集。段成式の著。 20巻,続集 10巻。成立年未詳。書物,衣食,風習,動植物,医学,宗教,人事など百般の事柄について考証,見聞などを記したもの。著者は温庭 筠と親しく,のち太常少卿に進んだが,家に蔵書が多く,またかつて秘書省校書郎をつとめ,宮中の秘書を読む機会があり,それに基づく広い知識によってこの書を成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうようざっそ〔イウヤウザツソ〕【酉陽雑俎】

中国、唐代の随筆集。20巻、続集10巻。段成式(だんせいしき)著。860年ごろ成立。古今の神話・伝説・故事・風俗・儀礼など多分野にわたる異聞を記す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

酉陽雑俎【ゆうようざっそ】

中国,晩唐の異聞雑記集。20巻,続集10巻。著者は段成式〔803?-863〕。著者は父の縁故で宮廷内の稀覯(きこう)書・珍書を読んだため広い視野をもって,怪異,珍書,衣食風習,医学,仏教,道教,動植物などを記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうようざっそ【酉陽雑俎 Yŏu yáng zá zǔ】

中国,晩唐時代,段成式(803?‐863)の異聞雑記集。前集20巻,後集10巻。段氏は唐代の名家で,父の段文昌は穆宗(ぼくそう)の宰相をつとめた。この書は,段成式自身の見聞を核とし,さまざまな異聞や博物的知識を集大成して成る。その範囲は,中国知識人の正統的な知識のほか,道教や仏教に及び,地域的にはインドペルシアまで含む。〈雑俎〉と名付けられているように〈ごった煮〉的な内容で,強い主張をもった作品ではないが,特に〈諾皐(だくこう)記〉〈支諾皐〉などの編は,唐末社会の中での説話のあり方を知るためにも重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酉陽雑俎
ゆうようざっそ

中国、唐代の随筆。段成式(だんせいしき)著。前集20巻、続集10巻。860年ごろ成立。書名は湖南の小酉山の下に、1000巻の書を隠した穴があるという伝説による。宰相で蔵書家であった父をもち、宮中の図書係である校書郎の職について、無類の読書家であった著者が、その該博な知識を駆使して、奇事異談から衣食風習、医学、宗教、動植物に至るまで、世事万端についての見聞、考証を記したもの。なかには非現実的な記事も見受けられ、前集にある「盗侠篇(へん)」などはほとんど小説といえる内容も含むが、多くは唐代の社会風俗を知るための貴重な記録である。[今西凱夫]
『今村与志雄訳注『酉陽雑俎』全五巻(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の酉陽雑俎の言及

【米福粟福】より

…厳密には,婚姻譚を含む後半部に共通点を見いだすというべきである。継子いじめ譚最古の文献《酉陽雑俎》に描かれる葉限と継母の対立抗争は,この話型に似通うものである。《住吉物語》《落窪物語》も同系統である。…

※「酉陽雑俎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone