コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視告朔 こうさく

3件 の用語解説(視告朔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視告朔
こうさく

「視」は読まない。告朔とも書く。令制における政治儀式の制度。毎月朔日 (1日) に朝堂院に文武官が参集し,前月の各所管公文を大納言を通じて天皇に進奏するという儀礼的なもので,平安時代末期には衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐さく〔カウ‐〕【×朔/×朔】

《「視」は慣例として読まない》古代、毎月朔日に、天皇が大極殿(だいごくでん)で各役所から奏上する官吏の勤務・出勤日を記した公文書を閲覧する儀式。延喜年間(901~923)のころから正月・4月・7月・10月の月初めだけになり、やがて行われなくなった。こくさく。ついたちもうし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視告朔
こうさく

告朔とも書く。「視」の字は習わしとして読まない。令(りょう)制で毎月朔日(ついたち)、天皇が大極殿(だいごくでん)に出御して、諸司から進奏された公文に目を通す儀式。元来毎日行うべき朝政が簡略化されて出現した制度で、前月分の百官の勤めぶりと上日(つとめび)(勤務日)の日数などを一覧された。これもやがては正月、4月、7月、10月の四度のみとなり、内容も公卿(くぎょう)が出座するだけの形式的なものになっていき、宴が中心になってから、行われなくなっていった。[酒井信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視告朔の関連キーワード慣例女王禄回書玉将年俸止まない例規読飛ばすアンチセンス鎖

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone