コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

告朔/視告朔 コクサク

デジタル大辞泉の解説

こく‐さく【告×朔/視告×朔】

こうさく(視告朔)
古代中国で、諸侯が天子から受けた新しい年の暦を祖先の(びょう)に納め、毎月1日に羊を供えて廟に告げ、その月の暦を国内に施行したこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうさく【告朔】

宮中儀礼の一つ。視告朔とも書くが,視の字を読まないのが例。中国の制度を継受したものであるが《日本書紀》の天武5年(676)9月(1日)条に〈雨降りて告朔せず〉とあるのが文献上の初見である。なお同書の古写本は,告朔を〈ついたちもうし〉と読んでいる。儀制令によると,毎月朔日に天皇が朝堂(大極殿)において,諸司の進奏する公文をみる儀とあり,その公文は,諸司が前月作成した符,移,解,牒(ちよう)などで,それに施行の有無を注したもの,また前月の行事や,あるいは奉写一切経所告朔解(《正倉院文書》)のごとく,同所が前月使用した料紙や用残物を書き上げた収支決算書など,広範囲にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくさく【告朔】

古く中国で、諸侯が天子から受けた暦を祖廟に収め、毎月一日に羊を供え祖廟に告げてその月の暦を請い受けて国内に施行したこと。
こうさく(視告朔) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の告朔/視告朔の言及

【告朔】より

…宮中儀礼の一つ。視告朔とも書くが,視の字を読まないのが例。中国の制度を継受したものであるが《日本書紀》の天武5年(676)9月朔(1日)条に〈雨降りて告朔せず〉とあるのが文献上の初見である。…

※「告朔/視告朔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

告朔/視告朔の関連キーワード告朔の餼羊国中公麻呂朝堂院餼羊祖廟落款小儀

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android