コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚山尼 かくさんに

1件 の用語解説(覚山尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚山尼 かくさんに

1252-1306 鎌倉時代の尼僧。
建長4年7月4日生まれ。安達義景の娘。母は北条時房の娘。臨済(りんざい)宗。弘長元年北条時宗にとつぎ,嫡男貞時を生む。弘安(こうあん)7年夫とともに鎌倉円覚寺無学祖元を師として出家。翌年東慶寺(縁切寺)の開山となる。勅許をえて,女性を救済する寺法をさだめたとつたえられる。嘉元(かげん)4年10月9日死去。55歳。通称は堀内殿,潮音院殿。号は覚山志道

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚山尼の関連キーワード無象静照愚仁尼巨勢有忠正覚尼浄念尼如円尼(2)如来尼法音尼妙真尼了然尼