コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚州 かくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚州 かくしゅう

?-1756 江戸時代中期の僧。
華厳(けごん)宗。山城(京都府)華厳寺鳳潭(ほうたん)に師事。鳩と号する。唯識(ゆいしき)や法相(ほっそう)に通じ,その「成唯識論」への書き入れは「鳩の書き入れ」とよばれ,研究や備忘に役立てられた。宝暦6年5月26日死去。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俗名は中村宗玄。著作に「白虎八囀声」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚州の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)八ツ場ダムの6都県の負担金石鎚山脈宇田川玄随乙二岸駒ゴドウィン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android