コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚快法親王 かくかいほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚快法親王 かくかいほうしんのう

1134-1181 平安時代後期,鳥羽(とば)天皇の第7皇子。
長承3年生まれ。比叡山(ひえいざん)青蓮院(しょうれんいん)の行玄について出家,門跡をつぐ。仁平(にんびょう)2年灌頂(かんじょう)をうけ,嘉応(かおう)2年親王となった。法性寺座主などをへて治承元年天台座主に任じられたが,山内の学僧,堂衆らの紛争激化で3年辞職。養和元年11月6日死去。48歳。法名は別に行理,円性。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

覚快法親王

没年:養和1.11.16(1181.12.23)
生年:長承3(1134)
平安後期の天台宗僧。鳥羽上皇の第7皇子で,七 宮,無品親王と呼ばれた。母は石清水八幡宮別当光清の娘美濃局。天台座主行玄に従って比叡山に入り,一身阿闍梨となる。法性寺座主,無動寺 検校のほか,成就院,宝荘厳院,法興院,極楽寺の別当を兼ね,嘉応2(1170)年に親王宣下。治承1(1177)年に座主明雲の配流に伴って同職を襲ったが,同3年に辞職した。建礼門院安徳天皇を生んだ際に七仏薬師法を修し,その功として二品の位と牛車の宣旨を望んだが,守覚法親王に反対され,勧賞を弟子の円良 に譲った。行玄の創建した青蓮院の第2世門主としても知られる。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

覚快法親王の関連キーワード美濃局(1)慈円忠快

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android