コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚鏡 かくきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚鏡 かくきょう

1113-1192 平安時代後期の僧。
永久元年生まれ。永治(えいじ)元年真言宗の醍醐寺(だいごじ)三宝院定海(じょうかい)から灌頂(かんじょう)をうける。元暦(げんりゃく)2年勅命により山城(京都府)宇治の法琳寺別当に任じられ,醍醐寺慈心院主となった。建久3年9月9日死去。80歳。通称は大輔僧都。法名ははじめ覚教。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚鏡の関連キーワードウラジーミル・モノマフチャンシッター永久ウラジーミル2世(モノマフ)日本年号一覧源雅賢源実朝日本史鎌倉幕府矢作建設工業

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android