コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親しく シタシク

デジタル大辞泉の解説

したしく【親しく】

[副]《形容詞「したしい」の連用形から》
高貴な人などが自ら物事を行うさま。ご自分で。「親しく苗木をお植えになる」
ふつうなかなかできないようなことを、自分でじかに経験するさま。実地に。「高名な学者に親しく教えを受けた」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したしく【親しく】

( 副 )
〔形容詞「したしい」の連用形から〕
身分の高い人が、自分で行うさま。みずから。 「 -お手植えになった松」 「 -お言葉を賜る」
普通にはなかなか行えないことを、直接に経験するさま。 「棋界の泰斗に-教えを受ける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

親しくの関連キーワード人には添うて見よ馬には乗って見よ同じ釜の飯を食う膝を突き合わせる何時とはなしに向こう三軒両隣同気相求める打ち解け優り肝胆相照らす一見旧の如し膝を交える修好・修交通交・通好交遊・交游交歓・交驩思ひ睦ぶ馴れ初め酌み交す古馴染み顔見知り出入り場

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親しくの関連情報