親しく(読み)シタシク

デジタル大辞泉の解説

したしく【親しく】

[副]《形容詞「したしい」の連用形から》
高貴な人などが自ら物事を行うさま。ご自分で。「親しく苗木をお植えになる」
ふつうなかなかできないようなことを、自分でじかに経験するさま。実地に。「高名な学者に親しく教えを受けた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したしく【親しく】

( 副 )
〔形容詞「したしい」の連用形から〕
身分の高い人が、自分で行うさま。みずから。 「 -お手植えになった松」 「 -お言葉を賜る」
普通にはなかなか行えないことを、直接に経験するさま。 「棋界の泰斗に-教えを受ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

親しくの関連情報