コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手ずから テズカラ

デジタル大辞泉の解説

て‐ずから〔‐づから〕【手ずから】

[副]
直接自分の手で。自分で手を下して。「会長が手ずから賞状を授与する」
みずから。自分自身で直接。→ずから
「御―しつらひおき給ひし所に」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てずから【手ずから】

( 副 )
〔「手つ(助詞)柄から」の意。多く、身分や地位の高い者についていう〕
他人に任せず、自分自身の手で直接行うさま。直接、手を下して。 「 -お書き下さる」
自分自身で。みずから。 「 -仰せさぶらふやう/宇治拾遺 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手ずからの関連キーワード手染め・手染手活けの花読書敏求記みずから中島棕隠松下禅尼封じ込む手捏ね島勝猛御通り手熨斗科学紙衣手塩手筆自ら天児

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手ずからの関連情報