直に(読み)すぐに

精選版 日本国語大辞典「直に」の解説

すぐ‐に【直に】

① 時をおかず。ただちに。じきに。
※東寺百合文書‐に・寛正五年(1464)一一月一七日太田行頼書状案「彼下地分之事、惣田数年貢配当分は、すぐに沙汰可申候由」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「何でもちらりと見たばかり直(スグ)に出て行く」
② 間にほかのものをはさまずに。じかに。そのままに。
※米沢本沙石集(1283)一〇本「なになにすくにいわれよ、思様ありて問ふなりと云へども」
[語誌](1)副詞「すぐ」に助詞「に」が付いてできた語とする説もあるが、形容動詞「すぐなり」の連用形から派生したとする考え方もある。
(2)近世においても、直線的の意の形容動詞の連用形の「すぐに」は見られるが、次第にすたれ、近年では、「まっすぐに」に代わられている。「すぐに」は、副詞「ただちに」と同義に用いられるのが一般的である。→「じきに」の補注

じき‐に ヂキ‥【直に】

[1] 〘副〙 時をあまりおかないで物事が行なわれるさま。
咄本・蝶夫婦(1777)足留「あれ程にいいなんした物が、直(ヂキ)きげんが直って」
青年(1910‐11)〈森鴎外〉四「もう直(ヂキ)に帰って参りませう」
[2] 〘形動〙 ⇒じき(直)(二)
[補注]現代語では、「すぐに」が即刻・直接の気分が強いのに対して、「じきに」は、特に時間の場合、ある程度の余裕がある。その違いは「薬がすぐに効いてくる」と「薬がじきに効いてくる」でわかる。ただし、地方により語感の差がある。

ただち‐に【直に】

〘副〙 間を隔てたり、間に何かをはさんだりしないさまをいう。
① じかに。直接に。まっすぐに。
※百座法談(1110)三月二六日「此経を一偈一句にてもかきよみたてまつらむ人はたたちに尺迦牟尼仏のとかせたまうをきき」
② 時を移さず。すぐに。
※冥報記長治二年点(1105)「(タタチニ)慈寺の坐仏堂の中に至りて」
※徒然草(1331頃)九二「何ぞ、ただ今の一念において、ただちにする事の甚だ難き」

じか‐に ヂカ‥【直に】

〘副〙 間に人や物を入れないで直接にするさま。じきじき。じきに。
※雑俳・軽口頓作(1709)「はなさしゃれ・一の富より直に銀」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉三八「校長から直下(ヂカ)に聞いたといふ訳でもないんですけれど」

じっき‐に ヂッキ‥【直に】

〘副〙 「じきに(直)」の変化した語。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「イヤじっきに、このさきじゃわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直に」の解説

じか‐に〔ヂカ‐〕【直に】

[副]間にほかのものを入れないで直接にするさま。「ワイシャツを肌に直に着る」
[類語]直接じかじき・無媒介・ダイレクト直直じきじきなまストレート直接的ちょく単刀直入直截ちょくせつ率直露骨ずばりざっくばらんずけずけあけすけ歯にきぬ着せぬ手ずからみずから身を以て自発的親しく

じき‐に〔ヂキ‐〕【直に】

[副]もう少ししたら。もうすぐ。「直に追いつくよ」
[類語]すぐ直ちに早速じきすぐにすぐさま直接もう間もなく程なく今にそのうちやがていつかいずれ追い追い追って追っ付け早晩きた日ならずして遅かれ早かれ近近ちかぢか近近きんきん後日他日不日又の日近く遠からず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android