観世元忠(読み)かんぜ もとただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元忠 かんぜ-もとただ

1509-1584* 戦国-織豊時代の能役者シテ方。
永正(えいしょう)6年生まれ。観世元広の3男。大永(たいえい)2年宗家7代をつぐ。後見役の観世長俊の指導をうけた。室町幕府の衰退とともに遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松におもむき,徳川家康の保護をうける。永禄(えいろく)9年ごろ隠居し宗節を名のる。世阿弥(ぜあみ)伝書謡本をおおく書写してつたえた。天正(てんしょう)11年12月5日死去。75歳。通称は左近。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android