コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世喜之 かんぜよしゆき

1件 の用語解説(観世喜之の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世喜之
かんぜよしゆき

能の観世流シテ方。[増田正造]

初世

(1885―1940)観世銕之丞(てつのじょう)家の分家である清之の養嗣子(ようしし)。旧名服部喜多(きた)。謡本刊行問題で観世宗家から破門される事件もあったが、蒔絵(まきえ)のように巧緻(こうち)な芸風をうたわれた名人。[増田正造]

2世

(1902―77)初世の甥(おい)で、旧名永島武雄。技巧的な芸風。1954、57年(昭和29、32)喜多実(みのる)らとベネチア、パリで演能。[増田正造]

3世

(1935― )2世の養子で、前名観世武雄。温厚な芸風。矢来(やらい)能楽堂を拠点に九皐(きゅうこう)会を主宰。長男に観世喜正。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の観世喜之の言及

【観世流】より

…25世観世元正(1930‐90)は,22世清孝の次男次郎の孫で,幼時,24世左近の養嗣子となり25世を継いだ。 観世流の名家には,観世銕之丞家と梅若六郎家,銕之丞家の分家の観世喜之(よしゆき)家,六郎家の分家の梅若万三郎家があり,そのほか東京には橋岡,京都には京観世の流れをくむ井上・林,24世左近の生家の片山家,大阪には山階・大西・生一(きいち)家などがある。家元の下にこれら職分家があり,その下に師範が所属し,1983年現在の観世流の勢力は,公認のくろうとが全国で約700名もおり(最も少ない喜多流の15倍),シテ方随一の流勢を誇っている。…

※「観世喜之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観世喜之の関連情報