紅雪(読み)こうせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐せつ【紅雪】

〘名〙
① 寒帯地方や高山の恒雪帯で、赤色の下等な藻類が繁殖したために、紅色または朱色に見える雪。赤雪(あかゆき・せきせつ)
② ほとばしり出る血潮のたとえ。
※山陽詩鈔(1833)四・下筑後河過菊池正観公戦処感而有作「帰来河水笑洗刀、血迸奔湍紅雪
③ 桃などの赤い花びらが散るさまのたとえ。絳雪。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬日即事〈藤原忠通〉「仙家無是土宜貢。紅雪地為白雪天」 〔白居易‐同諸客攜酒早看桜桃花詩〕
④ 薬品の名。かぜの熱、食べすぎ、内臓諸器官の機能低下による諸疾患などにきくという。
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)六月一七日「丑刻服紅雪三両紫雪三両、而微微也」 〔劉禹錫‐謝敕書賜臘日口脂等表〕

べに‐ゆき【紅雪】

〘名〙 春先などに時々降る紅く色づいた雪。大陸方面の黄砂が中にまじって色づいてみえるもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android