コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田盆地 かくだぼんち

3件 の用語解説(角田盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角田盆地
かくだぼんち

別称伊具 (いぐ) 盆地。宮城県南部,阿武隈高地北端の断層盆地。盆地内を阿武隈川が広い自然堤防をつくって北流する。春秋には蔵王山から吹降ろす冷気がたまり,しばしば霜害を起す。古い城下町の角田市と,かつての河港の丸森町がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくだ‐ぼんち【角田盆地】

宮城県南部に広がる盆地。阿武隈川下流の沖積平野で、農業が盛ん。中心は角田市。伊具(いぐ)盆地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角田盆地
かくだぼんち

宮城県南部にある盆地。伊具(いぐ)盆地ともいう。福島県境の山地を東流した阿武隈(あぶくま)川は、盆地に入ると北に向きを変えて中央を流れる。かつては、阿武隈川による洪水常襲地であった。近世の阿武隈川舟運の船荷積換え地の丸森町と、石川氏の旧城下町角田市がある。JR東北本線福島駅から丸森、角田を通りJR槻木(つきのき)駅へ阿武隈急行がある。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の角田盆地の言及

【阿武隈川】より

…阿武隈川は,北上川とともに東北地方太平洋側の二大縦谷を形成するが,流路のこう配は平均して北上川よりも大きく,またいくつかの盆地間には峡谷部や遷急点がある。おもなものは,二本松東方から福島盆地までの蓬萊(ほうらい)峡,福島盆地から宮城県角田盆地に至る猿跳(さるはね)峡である。特に蓬萊峡は25km間で比高120mの急こう配をなし,東和町西境では構造線谷を思わせる約5kmの直線状峡谷を形成していた。…

【仙台平野】より

…周辺の白石,村田,大河原,船岡,槻木などの小盆地は白石川およびその支流が埋積した断層角盆地で,それぞれ同名の中心集落がある。阿武隈川下流部の角田盆地には水田,桑園,果樹園が開け,核心集落として角田市のほか,舟運時代の船荷積替地であった丸森町がある。 仙北平野は北上川,迫(はさま)川,江合(えあい)川,鳴瀬川の中流から下流にかけての沖積低地で,仙南平野との境付近から北に環状に配列する丘陵群によって,石巻平野,大崎平野,品井沼低地などに分かれる。…

※「角田盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角田盆地の関連キーワード白石盆地宮城県伊具郡宮城県伊具郡丸森町平宮城県伊具郡丸森町鳥屋宮城県伊具郡丸森町除宮城県伊具郡丸森町町西宮城県伊具郡丸森町松宮城県伊具郡丸森町宮城県伊具郡丸森町森宮城県伊具郡丸森町柳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone