コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵王山 ざおうざん

9件 の用語解説(蔵王山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵王山
ざおうざん

宮城・山形両県の県境にそびえる火山群。単一峰の名称ではなく,浸食が進行した複式火山の総称で,南北2つの火山群に分けられる。最高峰の北蔵王にあたる熊野岳 (1841m) ,刈田岳 (1759m) はともに外輪山で,馬蹄形のカルデラを内包し,五色岳 (1674m) や御釜 (火口湖) がカルデラ内にある二重式火山

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざおう‐さん〔ザワウ‐〕【蔵王山】

山形・宮城県境にある火山群。最高峰は熊野岳で、標高1841メートル。冬季は樹氷が美しく、スキー場や温泉が多い。古くは不忘山(わすれずのやま)・刈田嶺と呼ばれ、7世紀に金峰山(きんぷせん)から蔵王権現を勧請(かんじょう)したという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蔵王山【ざおうざん】

宮城・山形県境にある活火山群。南蔵王は屏風(びょうぶ)岳を中心とする古い火山。北蔵王は二重式火山で,中央火口丘五色岳と,最高峰熊野岳(1841m)や刈田(かった)岳を連ねる馬ノ背と呼ぶ外輪山があり,火口湖の御釜は1939年にも活動した。
→関連項目青根[温泉]奥羽山脈大河原[町]川崎[町]蔵王[町]蔵王[温泉]七ヶ宿[町]日本百名山山形[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざおうさん【蔵王山】

宮城・山形両県にまたがる火山群の総称。横川と澄川の上流を境として北蔵王と南蔵王の両火山群に分けられ,一般には北蔵王を蔵王山とよぶ。北蔵王は二重式火山で,最高峰の熊野岳(1841m)とその南方の刈田(かつた)岳(1758m)とをつなぐ〈馬の背〉とよばれる稜線が外輪山をなし,その東方の五色岳(1674m)は中央火口丘である。五色沼ともよばれる〈御釜(おかま)〉は,五色岳の西側に最後に生じた火口に水をたたえた火口湖で,たびたび活動が記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざおうざん【蔵王山】

宮城・山形両県にまたがる火山群。屛風岳を中心とする南蔵王と、最高峰熊野岳(1841メートル)・刈田岳を外輪山とし、五色岳を中央火口岳とする北蔵王からなる。樹氷で有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

蔵王山

宮城県と山形県にまたがる成層火山群。蔵王連峰とも称される。気象庁常時観測火山の一つ。最高点は熊野岳で、標高1841メートル。40~10万年前に現在の山容がほぼ形成され、約3万年前から火山活動が再開し現在まで続いている。近年では、1940年に小規模な噴火が見られたが、以降噴火はしていない。宮城県側の火口湖「御釜」(直径360メートル、別名五色沼)など多数の見所があり観光名所である他、トレッキングやスキーなどが盛んに行われている。また蔵王山を中心に、山形の蔵王温泉、宮城の青根温泉遠刈田温泉などがあり、温泉地としても知られる。2014年10月には、やや小さな火山性微動が発生し、御釜の湖面に白濁が確認されたとのことで、仙台管区気象台が注意を呼びかけた。

(2014-10-14)

蔵王山

宮城県と山形県にまたがる奥羽山脈の一部を構成する連峰。標高は1841メートル(主峰の熊野岳)。武岩、安山岩の成層火山群の活火山であるため、気象庁は各管区気象台に設置された「火山監視・情報センター」において、蔵王山の火山活動を監視している。2014年10月9日、仙台管区気象台は蔵王山で地下に埋めた傾斜計が2ミリ盛り上がったことを示したことや、火山性微動が確認されるなど、やや活動が高まっているとして注意を呼びかけた。また山頂付近にある火口湖「御釜」で水面の白濁が確認されたことも合わせて発表した。これを受け、同11日に宮城県は「御釜」周辺や登山道入口10カ所に、登山客や観光客に注意を呼びかける看板を設置した。また同14日、宮城県は蔵王山(宮城・山形県境)で火山活動が高まっていることを受け、防災対策などを協議する「蔵王山火山防災連絡会議」を山形県と設立することを発表した。

(2014-10-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県(宮城県)〕蔵王山(ざおうざん)


山形・宮城県境に位置する火山群の総称。北蔵王は最高峰の熊野(くまの)岳(標高1841m)と刈田(かった)岳(同1758m)をつなぐ「馬の背」とよばれる尾根とその東側に噴出した中央火口丘の五色(ごしき)岳(同1672m)からなる複式火山。南蔵王は北蔵王より古い複式火山で、刈田岳から南東に杉ヶ(すぎが)峰(標高1744m)・屏風(びょうぶ)岳(同1817m)・不忘(ふぼう)山(同1705m)などの外輪山西部だけが残る。一般には北蔵王だけをさして蔵王山とよぶことが多い。北蔵王のカルデラ内には火口湖の御釜(おかま)(五色沼)がある。南蔵王の屏風岳東側は約500mの断崖(だんがい)をなす。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つで、蔵王国定公園に属す。北蔵王・南蔵王の間の鞍部(あんぶ)まで宮城県側から蔵王エコーライン、さらに刈田岳山頂付近まで有料道路の蔵王ハイラインが通じる。山形県側の北西山腹の蔵王温泉からは北蔵王の熊野岳北西の地蔵山と三宝荒神(さんぽうこうじん)山の間の鞍部まで樹氷高原経由でロープウエーが結ぶ。東西の山腹にはスキー場・温泉が多く、また冬の樹氷は有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵王山
ざおうさん

奥羽山脈中南部にある山で、山形県の山形市、上山(かみのやま)市、宮城県の柴田(しばた)郡、刈田(かった)郡にまたがり、おもに安山岩の成層火山群の総称。蔵王連峰ともいう。主稜線(りょうせん)の南北延長は約30キロメートル、最高峰は熊野岳(1841メートル)。澄川(すみかわ)―難場(なんば)沢を境に、北蔵王と、生成のより古い南蔵王に大別され、一般には北蔵王を蔵王山とよぶ。北蔵王は、熊野岳、刈田岳(1758メートル)、馬ノ背などの連なる外輪山が火口湖御釜(おかま)(別名五色沼、直径約360メートル、水深約40メートル)と中央火口丘の五色岳(1674メートル、噴石丘)を抱く複式火山である。ほかに、地蔵山(1735メートル)、名号峰(みょうごほう)(1491メートル。全山が花崗閃緑(かこうせんりょく)岩で火山ではない)や、蔵王温泉を湧出(ゆうしゅつ)する高湯爆裂火口を取り囲む鳥兜山(とりかぶとやま)(1401メートル)、滝山(りゅうざん)(1362メートル)なども含む。北蔵王では、1183年(寿永2)を皮切りに、1972年(昭和47)まで、噴火(水蒸気爆発)、噴気・温泉活発化、地震、鳴動などが四十数回も記録され、現に噴気孔や温泉が多い。ただし、1867年(慶応3、死者3人)などの被害を伴った諸噴火は御釜の内外で発生した。火山泥流を出しやすい。山頂一帯はコマクサなどの高山植物以外は植生の発達が悪く、樹氷が形成されるアオモリトドマツなどの亜高山帯林は標高1300~1600メートルにかけて広がる。南蔵王は屏風岳(びょうぶだけ)(1825メートル)、不忘山(ふぼうさん)(1705メートル)、後烏帽子岳(うしろえぼしだけ)(1681メートル)などの円錐(えんすい)火山が連なり、植生の被覆がよく、とくに西側斜面に亜高山帯林が広がる。蔵王山は、古来、不忘山(わすれずのやま)、刈田嶺(みね)とも称されたが、7世紀に僧行願(ぎょうがん)が吉野(奈良県)の金峰山(きんぶせん)から蔵王権現(ごんげん)を勧請(かんじょう)して以来、この名でよばれるようになったと伝える。江戸末期までは女人禁制の修験(しゅげん)、信仰の山であった。1950年(昭和25)に日本観光百選山岳部の第1位となり、1962年にエコーラインが開通するなど、観光開発が進み、壮大な火山景観に加え、温泉のある樹氷とスキーのメッカとして知られる。蔵王国定公園の中心。[中川 重・諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵王山の関連キーワード吾妻山皇海山スメル山高千穂峰八溝山火山フロント火山群ポルドイ峠テンゲル山地リム火山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵王山の関連情報