コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然堤防 しぜんていぼうnatural levee

6件 の用語解説(自然堤防の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然堤防
しぜんていぼう
natural levee

氾濫原を流れる河川の両側に自然に形成された堤防状の小高い地形。洪水時に運搬されてきた土砂が流路の両側に堆積したもので内側は急に,外側はゆるく傾斜し,数m内外の比高をもつ。堆積平野の中央部に形成されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐ていぼう〔‐テイバウ〕【自然堤防】

氾濫原(はんらんげん)を流れる川の両側に、自然にできた堤防状の高まり。河水中の土砂が堆積(たいせき)してでき、下流部に多い。→後背湿地

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自然堤防【しぜんていぼう】

河川下流域の両岸に自然にできた堤防状の微高地形。洪水のたびにはんらんした河水中の砂やシルトが流路の両側に堆積し比高2〜5m程度となったもの。
→関連項目集村沖積層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんていぼう【自然堤防 natural levee】

河川のはんらんにより,河道の両側に土砂が堆積して形成された帯状の微高地。河川のはんらん時には,多量の土砂を運搬する濁水が通常の河道から周辺に向けて溢流する。洪水流は河道を離れると拡散して水深が浅くなり,流速も弱まる。その結果,土砂の運搬力は急激に衰え,河岸には砂質の堆積物が,さらに遠方にはシルト・粘土質の細粒堆積物が堆積する。このような河川のはんらんのくり返しによって河岸の部分は次第に高さを増し,河道に沿って帯状に連なる自然堤防が形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんていぼう【自然堤防】

河川の両側にできる堤防状の微高地。氾濫はんらん時に土砂が堆積してできる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然堤防
しぜんていぼう

氾濫(はんらん)原上を流れる川の常水路の両側に自然にできた微高地。洪水時に常水路からあふれた川の水が氾濫原上に広がると、植生の影響と、急に水深が浅くなるために、洪水流の流速が減少して、常水路の両側へ運搬土砂を堆積(たいせき)する。このために、流路沿いに高く、両側に向かって緩傾斜をもつ自然堤防がつくられる。自然堤防が形成されると、氾濫原の一部は相対的に低地となり、後背湿地を生ずる原因となる。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自然堤防の言及

【堤防】より

…堤(つつみ)とも呼ばれ,土でつくった堤防を土堤または土手という。堤防には人工的なもののほか,自然に形成されるものもあり,自然状態にある河川のはんらんによって,上流から運ばれてきた土砂が河岸沿いに堆積し,背後地より若干高くなったところを自然堤防という。
[堤防の種類と発達]
 堤防の呼び方には,雁堤(雁行堤)などのように形状に由来するもの,荒川の吉見堤や向島堤のように地名に由来するもの,信玄堤などのように施工者名を冠したものがある。…

※「自然堤防」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然堤防の関連情報