コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角目鳥 ツノメドリ

デジタル大辞泉の解説

つのめ‐どり【角目鳥】

ウミスズメ科の鳥。全長約35センチ。頭と背は黒く、顔と腹は白い。くちばしは大きく、左右からつぶしたように平たい。目の後方に黒線があり、夏、目の上に角状の飾りが出る。北太平洋に分布し、冬に北日本に少数が渡来。近縁のニシツノメドリは北大西洋に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つのめどり【角目鳥】

チドリ目ウミスズメ科の鳥。全長35センチメートル 内外。頭と背は黒、顔と腹は白い。目の上に角状の突起がある。くちばしは大きく縦に平たい。アラスカから千島列島など太平洋北部寒流域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角目鳥 (ツノメドリ)

学名:Fratercula corniculata
動物。ウミスズメ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

角目鳥の関連キーワードアラスカ州千島列島内外突起

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android